は行

PiCNiC (1996)

双子の妹を殺してしまい精神病院に送られたココ。彼女はそこでツムジとサトルという2人の青年と出会う。2人にならって病院の塀の上を歩く“探検”に加わるココ。やがて彼女は塀の上なら問題ないといって、隣の塀に飛び移る。ツムジとサトルの2人も恐る恐る後に続く。
や行

夜のピクニック (2006)

高校生活最後の伝統行事「歩行祭」を迎える甲田貴子は、話したことのない西脇融に話しかけようと考えていた。2人は異母兄妹の間柄でそのことは秘密だった。一方、事情を知らない友人たちが勘違いして、告白するようけしかける。
た行

出口のない海 (2006)

1945年、敵艦の攻撃の中進む1隻の潜水艦内にいる4人の若者たち。彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、出撃命令を待っていた。そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二は昔の日々を思い出す。
は行

仄暗い水の底から (2001)

5歳の娘・郁子の親権を争っている松原淑美は、職場に近いマンションへ引っ越してきた。最初は良さそうに見えたが、大きくなる天井のシミ、子供の足音など、気になることが増えていく。そんな中、真夜中にマンションの屋上に上がる娘を目撃する。
か行

汚れた心 (2011)

第2次世界大戦終決直後、写真館を営むタカハシは妻ミユキとブラジルサンパウロ州の町で暮らしていた。そこで暮らす多数の日系移民たちは情報を遮断された為、大半は当然日本軍が勝利したと考えていた。そんな折り、元陸軍大佐ワタナベが行政により禁止されている集会を開く。
さ行

スワロウテイル (1996)

紙幣偽造のデータを手に入れた娼婦のグリコは、中国系移民のヒョウたちとニセ札造りを始めた。ライブハウスを買い取り、歌手として有名になっていく彼女だったが……。
か行

恋する日曜日 私。恋した (2007)

母をガンで亡くし、自らも余命3か月と宣告された17歳のなぎさ。幼いころ暮らした町へ旅立つ。そこには初恋の人、聡が今も住んでいた。病気のことは告げずに彼の家に泊めてもらい、聡と楽しかった思い出をふり返る。彼への想いを募らせるなぎさだったが、聡は人妻と不倫をしていた。
か行

K-20 怪人二十面相・伝 (2008)

格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、高級品を盗み出す怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、遠藤平吉は、財閥令嬢・葉子と名探偵・明智小五郎との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。
さ行

純喫茶磯辺 (2008)

8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす磯辺裕次郎。多額の遺産を手にし“純喫茶磯辺”を開店させる。 閑古鳥の鳴く店は、美人の素子をアルバイトに雇ってから一転、クセモノばかりの常連客でにぎわい始める。
ら行

ROBO☆ROCK (2007)

ロックシンガーをあきらめ便利屋として働くマサルの元に、公務員のニラサワが仕事の依頼にくる。音声コントロール式の巨大ロボットを起動させる声としてマサルの声にたどり着いたのだった。そんなとき、マサルに新種のヤクを運ぶ仕事が舞い込む。
は行

ピンポン (2002)

卓球をこよなく愛し天真爛漫で気分屋のペコと、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイル。二人は共に片瀬高校卓球部に属していたが練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付ける。
た行

Dear Friends (2007)

“友達なんか必要ない”と言い放つ女子高生のリナは、突然の病魔に絶望して自殺しようとする。そんなリナの前に、記憶にない小学校時代の同級生マキが突然現われる。彼女は自殺しようとするリナの代わりに、自らの胸にナイフを突き立てる。
スポンサーリンク