な行

猫なんかよんでもこない。 (2015)

プロボクサーとして芽が出ず空虚な日々を送っていたミツオの兄が、ある日、2匹の猫を拾ってくる。彼はもともと犬派だったものの、ふとしたきっかけでなぜかその猫たちの面倒を見ることに。夢破れて沈みがちなミツオだったが、彼の気持ちなどお構いなしにマイペースで生活する猫たちとの暮らしが始まる。
か行

高台家の人々 (2016)

何かと妄想しては自分の世界に夢中になってしまう癖のある、OLの平野木絵。さえない日々を送っていたある日、彼女の勤める会社にニューヨーク支社から高台光正が転勤してくる。ばく大な資産を抱える名家・高台家の長男にして、東大卒業のエリートの彼が、なぜか木絵を食事に誘う。驚く木絵だが、光正はテレパシー能力の持ち主で、彼女の妄想をのぞき純粋な心に魅力を感じるようになったのだ。
あ行

愛唄 -約束のナクヒト- (2018)

誰かを好きになることもなく、毎日をやり過ごしてきたトオルはある日、余命宣告を受ける。失意の中で、旧友の元バンドマン・龍也との再会と一編の詩によって、トオルは人生を全うし、恋をしようと決意する。自分を変えてくれた詩の作者を探す彼は、凪という少女と出会うが、彼女はある秘密を抱えていた。
か行

借りぐらしのアリエッティ (2010)

古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものは床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、用心深さを求められる毎日を送っていた。
な行

虹色デイズ (2018)

常に一緒に行動している高校2年生のなっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃん。ある日、シャイななっちゃんが同級生の杏奈のことを好きになる。奥手な彼を笑いながらも応援する彼らだが、つよぽんは恋人のゆきりんとの関係に悩み、まっつんは男嫌いのまりに惹かれるなど、それぞれ恋の問題を抱えていた。
か行

かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- (2018)

奥薗晶は急死した夫の連れ子を伴って、夫の故郷・鹿児島で鉄道の運転士をしている義父・節夫を訪ねる。節夫は、長い間顔を合わせていなかった息子の死、初めて会う嫁、そして孫の存在に困惑するが、行くあてがないという二人を家に住まわせることにする。生活のため仕事を探す晶は、亡き夫の夢でもあった鉄道運転士の試験を受ける。
か行

神様はバリにいる (2014)

婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキと知り合う。何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ち人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになる。
た行

ちょっと今から仕事やめてくる (2017)

激務により心も体も疲れ果ててしまった青山隆は、意識を失い電車にはねられそうになったところをヤマモトと名乗る男に助けられる。幼なじみだという彼に心当たりのない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事は順調にいき明るさも戻ってきた。ある日隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知る。
あ行

ヴァンパイア・ストーリーズ BROTHERS (2011)

渓谷の河原で、サークル活動中だった大学生の大量殺人事件が発生。たまたま難を逃れたセイと、血のつながりはないが兄妹として育ったミドリは、テレビのニュースで仲間たちの悲報を知る。悲しみに暮れる間もなく、5年前に謎の失踪を遂げたセイの兄アイが突然現われる。
は行

ハナミズキ (2010)

東京の大学を受験すべく、大きな夢に向かってひたむきに突き進んでいる紗枝と、漁師としての家業を継ぐため、水産高校に通う康平。互いを思い合う中、やがて二人は遠距離恋愛を始めるが、故郷に残った康平は、都会の暮らしをする紗枝との別れを選ぶ。
さ行

赤々煉恋 (2013)

自殺をして、肉体を持たない存在となった女子高生の樹里。街を放浪し、母親や友人に話し掛けてみるも、誰も彼女の存在を認識できない。そんな中、樹里の前に自殺をうながす怪物“虫男”が現われる。ある日、樹里の姿が見える少女と出会う。
あ行

兄友 (2018)

イケメンだが奥手な西野壮太はある日、友人の七瀬雪紘の家で彼の妹のまいと顔を合わせる。西野はまいがかわいいと雪紘に正直に言うが、兄妹の部屋の壁は薄く会話は全て筒抜けだった。そしてまいと西野は、付き合うことになるのだが。
た行

ただ、君を愛してる (2006)

何も言わずに自分の前から姿を消した静流に会うため、誠人はNYへとやってきた。6年前、誠人は個性的な静流と出会い、静流は一目で彼に恋をした。静流もカメラを扱い始めるが、誠人は別の女性みゆきに片思いをしていた。
さ行

スウィングガールズ (2004)

食あたりの難を逃れた吹奏楽部の1年生・拓雄と共に、野球部の応援の為にビッグバンドを結成することになった16人の女子高生。途中、脱落者は出たものの、大奮闘の末に楽器をゲットした彼ら。隠れジャズマニアだった数学の小澤先生の指導の下、演奏も徐々に様になっていき、“東北学生音楽祭”にも出場する。
か行

がっこうぐらし! (2018)

胡桃、由紀、悠里は、学校で共同生活を送っていた。しかし、この学校の教室の机や椅子は無残に倒され、床には割れたガラスの破片が散乱しており、さらに彼女たちは痛みを感じない“かれら”の脅威から身を守りながら暮らしていた。ある日、胡桃と悠里が美紀を発見する。
スポンサーリンク