た行

た行

茶の味 (2003)

山間の小さな町に住む春野一家。高校生の長男・一は片思いの女の子が転校してしまい、ショックを受けていた。一方、小学生の長女・幸子は、時折姿を現し、自分のことを見つめる“巨大な分身”が自分を見下していることに悩んでいた。
た行

ターン (2000)

27歳の銅版画家、真希はある日版画教室へ車で向かう途中、センターラインを超えてきたトラックとの交通事故に遭遇する。しかし次の瞬間、真希は何故か自宅の居間にいた。
た行

冷たい熱帯魚 (2010)

熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。
た行

血と骨 (2004)

1920年代、一獲千金の夢を胸に済州島から日本に渡って来た金俊平。彼は李英姫を強姦し強引に結婚。息子の正雄らに暴力をふるい、次々と愛人を囲う父親だった。
た行

ディストラクション・ベイビーズ (2016)

愛媛県のこぢんまりとした港町・三津浜の造船所に2人で生活している芦原泰良と弟の将太。けんかばかりしている泰良はある日突然三津浜を後にし、松山の中心街で相手を見つけてはけんかを吹っ掛けていく。そんな彼に興味を抱いた北原裕也が近づき、通行人に無差別に暴行を働いた彼らは、奪った車に乗り合わせていた少女・那奈と一緒に松山市外へ向かう。
た行

通学途中 (2015)

内向的でぶきっちょな女子高生ユキは、意中の彼と一緒にいるだけで笑顔になり心がときめくのを抑えられない。しかし、彼にはすでに付き合っている人がいて、現実を直視できず逆に思いは募るばかりだった。そんな彼女を同じ美術部のコウが温かく見つめていた。
た行

手紙 (2006)

直貴の兄は、弟の学費の為盗みに入り屋敷で誤って人を殺し服役中。大学もあきらめ、工場で働く直貴は幼なじみの祐輔とお笑いをする夢を見るが、毎月刑務所からの兄の手紙が彼を現実に引き戻す。そんな彼を食堂で働く由美子が見ていた。
た行

ちょっと今から仕事やめてくる (2017)

激務により心も体も疲れ果ててしまった青山隆は、意識を失い電車にはねられそうになったところをヤマモトと名乗る男に助けられる。幼なじみだという彼に心当たりのない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事は順調にいき明るさも戻ってきた。ある日隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知る。
た行

月とキャベツ (1996)

月とキャベツ (1996) バンドを解散し独立したとたん、歌が作れなくなったミュージシャン花火。いまは、人里離れた田舎でキャベツ栽...
た行

東京日和 (1997)

東京日和 (1997) 写真家の島津は、妻ヨーコが亡くなり、写真集『東京日和』を出版する。島津は、会社を辞め毎日街へ出かけては東京...
た行

天使の恋 (2009)

天使の恋 (2009) 過去のトラウマから人を信用することができない女子高生・理央。 お金だけに価値を感じ、自分に役立つ人間で周...
た行

東京タワー (2004)

東京タワー (2004) 小島透、21歳と浅野詩史、41歳。大原耕二、21歳と川野喜美子、35歳。大きな年齢差を越えて愛し合う2組...
スポンサーリンク