"2018"

な行

ニセコイ (2018)

ヤクザの組長の一人息子で、勉強家でけんかが嫌いな男子高校生・一条楽は、ある朝転校生の桐崎千棘と出会う。千棘はアメリカのギャングの一人娘で、短気で男勝りな性格から、二人は反発する。しかし、抗争寸前に陥っている親の組織同士のいざこざを避けるため、楽と千棘は恋人のフリをするはめになる。
あ行

あの頃、君を追いかけた (2018)

地方都市の高校生・水島浩介は、仲間たちと馬鹿騒ぎを繰り返す気ままな生活を送っていた。ある日、彼の悪ふざけで授業がストップしてしまう。激昂した先生は、浩介の監視役にクラスで一番の優等生である早瀬真愛を任命。真面目を絵に描いたような真愛の言動をうっとうしく思う一方、中学から憧れの存在でもあった彼女に心が揺れ動く浩介。
あ行

伊藤くん A to E (2018)

アラサーの元売れっ子脚本家・矢崎莉桜は、自分の講演会に参加した4人の女性から受ける恋愛相談をネタにしようとする。取材を進めるうちに、彼女たちを振り回す男「伊藤」が同一人物で、しかも莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒の一人・伊藤誠二郎であることに気付く。
か行

去年の冬、きみと別れ (2018)

松田百合子と婚約しているルポライター耶雲恭介は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になる。
あ行

いぬやしき (2018)

定年を控えるうだつが上がらない会社員・犬屋敷壱郎は謎の事故に巻き込まれ、目が覚めると見た目は変わらず、体の中はサイボーグになっていた。超人的な能力を手にしたことを自覚した彼は、その力を人のために使うことで存在意義を見いだすようになる。一方、犬屋敷と同様の事故で同じ能力を備えた高校生・獅子神皓は、敵対する人間を全て消し去りたいと考えていた。
ま行

ママレード・ボーイ (2018)

高校生の小石川光希は突然両親から離婚を聞かされ、さらに旅行先で出会った松浦夫妻と互いのパートナーを交換して再婚し、松浦夫妻の一人息子・遊も含めて皆で一緒に暮らすことを告げられる。戸惑う光希だったが、奇妙な同居生活が始まると、クールなのにたまに見せる遊の優しい一面に惹かれていくのだった。
は行

花より男子(1995)

牧野つくしは、裕福な家庭の生徒ばかりが集まる名門・英徳学園大学に通うことになった。学園には“花の四人組=F4”と呼ばれるお坊ちゃん軍団がおり、彼らの親が学園に多額の寄付をしているため、実質的に彼らが学園を牛耳っていた。そのF4に目をつけられたつくしは学園内でいじめられるが、やがてF4の一人である花沢類と惹かれ合うようになる。