"200"

さ行

SURVIVE STYLE5+ (2004)

殺しても殺しても、何故かより凶暴になって蘇ってくる妻。観客に催眠術をかけたまま殺し屋に殺される催眠術師。空き巣をして生活する3人組がサウナで謎の外国人と奇妙な通訳。物語は思いもよらぬクライマックスへと突き進む。
さ行

スウィングガールズ (2004)

食あたりの難を逃れた吹奏楽部の1年生・拓雄と共に、野球部の応援の為にビッグバンドを結成することになった16人の女子高生。途中、脱落者は出たものの、大奮闘の末に楽器をゲットした彼ら。隠れジャズマニアだった数学の小澤先生の指導の下、演奏も徐々に様になっていき、“東北学生音楽祭”にも出場する。
さ行

受験のシンデレラ (2007)

“受験指導のカリスマ”として受験生にあがめられている講師の五十嵐は、富も名声も手に入れおごり高ぶっていた。しかしある日、友人の外科医からガンで余命1年半と宣告されてしまう。その帰り道、五十嵐は立ち寄ったコンビニで16歳の女の子・真紀が店員に詰め寄る姿を見て、彼女の驚異の数学的センスに気付く。
か行

幸福な食卓 (2006)

佐和子の中学生活最後の始業式の朝の食卓で、突然父が父親を辞めることを宣言。3年前父が自殺未遂をしてから家族は崩壊し、優秀だった兄は進学せずに農業をやり、母も今では家を出てひとり暮らしをしている。重い気持ちで登校した佐和子の前に、転校生の大浦が現れた。
は行

僕の初恋をキミに捧ぐ (2009)

医師の孝仁を父に持つ繭は、父の病院で入院生活を送る逞と出会う。逞に恋した繭は、逞が病気により20歳まで生きられないと知りつつも「大人になったら結婚しよう」と約束。しかし、自らの余命を自覚した逞は繭を遠ざけようとする。
は行

ハッピーフライト (2008)

副操縦士の鈴木は、機長昇格の最終訓練の試験でホノルルに向けて飛び立つ。試験教官の機長の原田を前に緊張感を募らせていた。そんな中、キャビンアテンダントの斎藤もは夢にまで見た国際線フライトで緊張感がピークに達していた。
や行

夜のピクニック (2006)

高校生活最後の伝統行事「歩行祭」を迎える甲田貴子は、話したことのない西脇融に話しかけようと考えていた。2人は異母兄妹の間柄でそのことは秘密だった。一方、事情を知らない友人たちが勘違いして、告白するようけしかける。
た行

出口のない海 (2006)

1945年、敵艦の攻撃の中進む1隻の潜水艦内にいる4人の若者たち。彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、出撃命令を待っていた。そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二は昔の日々を思い出す。
は行

仄暗い水の底から (2001)

5歳の娘・郁子の親権を争っている松原淑美は、職場に近いマンションへ引っ越してきた。最初は良さそうに見えたが、大きくなる天井のシミ、子供の足音など、気になることが増えていく。そんな中、真夜中にマンションの屋上に上がる娘を目撃する。
か行

恋する日曜日 私。恋した (2007)

母をガンで亡くし、自らも余命3か月と宣告された17歳のなぎさ。幼いころ暮らした町へ旅立つ。そこには初恋の人、聡が今も住んでいた。病気のことは告げずに彼の家に泊めてもらい、聡と楽しかった思い出をふり返る。彼への想いを募らせるなぎさだったが、聡は人妻と不倫をしていた。
か行

K-20 怪人二十面相・伝 (2008)

格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、高級品を盗み出す怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、遠藤平吉は、財閥令嬢・葉子と名探偵・明智小五郎との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。
さ行

純喫茶磯辺 (2008)

8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす磯辺裕次郎。多額の遺産を手にし“純喫茶磯辺”を開店させる。 閑古鳥の鳴く店は、美人の素子をアルバイトに雇ってから一転、クセモノばかりの常連客でにぎわい始める。