あ行

伊藤くん A to E (2018)

アラサーの元売れっ子脚本家・矢崎莉桜は、自分の講演会に参加した4人の女性から受ける恋愛相談をネタにしようとする。取材を進めるうちに、彼女たちを振り回す男「伊藤」が同一人物で、しかも莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒の一人・伊藤誠二郎であることに気付く。
か行

去年の冬、きみと別れ (2018)

松田百合子と婚約しているルポライター耶雲恭介は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になる。
か行

君と100回目の恋 (2016)

誕生日である7月31日に、事故に遭ってしまった大学生の葵海。だが、ふと目を覚ますと事故に遭う1週間前の教室にいた。混乱する彼女の前に幼なじみの陸が現われ、時間をさかのぼれる不思議なレコードを使って何度もタイムリープしては、事故から救っていたと告げる。この出来事を機に1年前へと戻って恋人同士になって楽しい時間を過ごすが再び7月27日が近づく。
た行

時をかける少女 (2010)

母娘二人暮らしのあかりは、母が薬学者としている大学に見事合格する。そんな折り、母が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に。一瞬意識を取り戻した母は、1972年に戻りある人との約束を果たすのだとうわ言のように繰り返す。
た行

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2007)

1960年代。3歳のボクは、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトンにいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカンはボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。
あ行

あん (2015)

刑務所から出所した後、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎。その店で働くことを強く希望した徳江という女性を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛する。ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡る。
か行

古都 (2016)

京都、室町。家業の呉服店を継いでおよそ20年にわたって切り盛りするも、職人の相次ぐ廃業などに時代の変化を感じる佐田千重子。彼女は、そうした状況下で大学生の娘・舞に店を継がせてよいものかと思い悩む。一方、千重子と生き別れた双子の妹で林業を営む中田苗子も経営難に苦しんでいた。さらにパリで美術を学ぶ娘・結衣が自分には才能がないと感じ落ち込んでいるのを知り、苗子はパリへ飛ぶ。また、舞も日本文化を紹介するイベントに参加しようとパリに向かっていた。
や行

妖怪人間ベム (2012)

怪異な姿に正義の心を持つ妖怪人間のベム、ベラ、ベロは人間を手助けしていきながら放浪していた。そんな時、たどり着いた街で不可解な事件に遭遇。謎を追う中、ベロはMPL製薬の研究者の娘みちるに恋心を抱く。
か行

双生児-GEMINI- (1999)

明治末期。大徳寺雪雄は、大徳寺医院院長としての地位と名誉、そして若く美しい妻・りんに囲まれ、誰もが羨むような境遇にあった。ただ気掛かりは妻・りんが雪雄と出会う前に遭った大火事のせいで記憶喪失になっていることだった。やがて、そんな彼に次々と不幸が襲い掛かる。
は行

ハードロマンチッカー (2011)

下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田に絡まれたりするフリーターのグー。ある日、後輩の辰とマサルが敵対関係にある高校生の家に殴りこみをする。
た行

冷たい熱帯魚 (2010)

熱帯魚店を営んでいる社本と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。
さ行

SCOOP! (2016)

写真週刊誌「SCOOP!」に所属し、数々のスクープ写真を撮ってきたカメラマンの都城静。しかし、今ではギャンブルに溺れている上に借金に追われつつ、フリーランスのパパラッチとして生活していた。そんな中、「SCOOP!」に配属されてきた新人記者・行川野火とタッグを組むことに。次々とスクープをものにする静たちだったが、やがて大きな事件に関わることになる。
スポンサーリンク